転職活動の進め方

仕事を始めてしばらくすると、自分が仕事に向いていないのではと考える人も多くなります。
仕事は好きだけれど、仕事に対する会社側の評価があわないと思う人もいるかもしれません。
そういった人達は転職の求人を探すことになります。
転職の求人を探す場合、まず悩むのは「仕事をしながら転職先を探すか、退職してから探すか」です。
それぞれにメリットやデメリットは多くあります。
今勤めている会社を退職してから転職先を探す場合。
今勤めている職歴が短ければ失業保険の保障期間も短くなります。
失業保険が出ているうちに転職先が決まれば問題はありませんが、失業保険が切れても見つからない場合は無収入状態になってしまいます。
また、仕事を継続しながら次の転職先を探す場合は、今の仕事もきちんとこなさなくてはいけませんから、なかなか思うように転職先の情報収集がはかどらないという欠点があります。
どちらを選ぶかはその人にもよりますが、無収入状態が何ヶ月か続いても生活していけそうな場合は先に退職してから活動したほうが探しやすくなります。
転職する場合は、通常の求人情報誌や求人サイトより、転職求人サイトを利用するといいでしょう。
転職求人サイトには専任コンサルタントというスタッフがいて、その人の適職や職歴に応じた転職先を探す手伝いをしてくれます。
また、登録内容によって、企業から直接スカウトメールが来ることもあります。
その企業に応募するかどうかなどの相談にも専任コンサルタントが丁寧に応じてくれます。
今の仕事が自分に合っていないのではと感じたら思い切って転職の求人を探してみましょう。
しかし、ころころと転職していたのでは信用が失われる場合がありますので、転職先探しはあくまでも慎重に行ないましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です